任意整理後 借り入れ

MENU

任意整理後に借り入れはできる?

 

任意整理後の借り入れ

任意整理を行った後にお金が必要になる人もいるでしょう。
消費者金融に借り入れを申し込みたいという人も出てくると思いますが、任意整理を行った後は、ブラックリストに登録されてしまいますから、一定期間は融資を受けたりクレジットカードを作る、ローンを組むといったことが一切出来なくなります。

 

手続きは違うものの、状態は自己破産を行った時と同じです。
任意整理を行った後は、やはりまた借金をしてしまわないようにするというのが、一番賢い選択です。
これまで、支払いをすることが出来ずに任意整理を行った人が、新たに借金をしたところで、きちんと返済することが出来る保障などないのです。
これまで借金で散々苦労してきたのに、また借金をするという考えの方がおかしいと思った方が正しい考え方であるといえるでしょう。

 

そもそも、借金をするというのは、きちんとした収入があり、毎月きちんと返済することが出来る能力が「十分にある人」が行うもの。
返済能力がないのに借金をするというのが、そもそもの間違いなのです。
返済能力がないのに借金をするというのは、とても無謀なことのようにも思えますし、本人はそのつもりがないとしても、債権者側からしてみれば、損害を受ける訳ですから、大変迷惑です。

 

お金を借りたら返すのが当たり前です。
これは、相手が消費者金融でなくとも言えることですね。
しかし、借金をしたにも関わらず、そのお金を返すことが出来ず、法律の力を借りたとはいえ返済することをしなくてよくなるなんて、債権者にしてみれば詐欺にでもあったような気分でしょう。
債務整理を行う事で、債務者は救われるのは確実です。
自己破産の手続きに関しても、債務者は借金が0になりますが、債務者を信用して保証人になった人に対しては何の保証もないので、自己破産が終了しても、保証人には引き続き督促がいきます。

 

任意整理後5年は借入不可

任意整理を行った後は、5年の間は新たに借入を行うことが出来ません。
簡単に言ってしまえば、任意整理後5年経過することで、新たに借入を行うこと、クレジットカードの作成、ローンでの買い物がまた出来るようになる、ということです。

 

自己破産後の借り入れは7年後から

自己破産の場合は、新たに借入を行いたい場合は、自己破産後7年経過しなければ借り入れを行うことが出来ません。

 

これは、自己破産をしたことがブラックリストに登録されていること、そしてその事故情報が削除される期間であるためですが、自己破産に至った情報は、半永久的に残ります。
ですから、自己破産の手続きを行う前に借り入れをしていた金融機関から融資を受けることは出来ないことを覚えておきましょう。

 

現在の貸金業法の場合、世帯の年収の1/3以上の金額がある場合、新たに融資を受けることが出来ないことになっていますから、年収によっては、希望する融資額を受けることが出来ない場合もあります。

 

しかしながら、これまで借金を重ねた結果、それらを返済することが出来ず債務整理を行ったのですから、また借り入れをしたいと思った場合は、自己破産前の自分を思い出して、出来るだけ同じことを繰り返さないように考え方を根本的に変える必要があります。